カテゴリ:homemade-nae( 1 )
いろんな種。
今日はごっつい地味に種の話です。
ビオラの種採りからようやく解放?されて、ワタシのガーデニングライフも少々落ち付きを取り戻した…
そんなふうに思うくらい、ビオラの種採りがんばりました!
ブラックジャック、F-1イエスココナッツフロスト、フィオリーナ。
早々とお亡くなりになったミルフルは当然採れませんでしたし、
一番のお気に入りのシャングリラ…最後まで粘ったんですが採れませんでした。涙
来年、また素敵なビオラに出会えますように…。

さて、その他の種と言えば…やはりこれ↓です。

a0123482_23335830.jpg


オダマキ (オリガミ・ピンク)
キンポウゲ科 二年草及び多年草
開花期:5月~8月

乾燥すると、ハダニが発生しやすいらしいので、鉢植えですがマルチングをしていました。
わかっていたのに、結局6月下旬にハダニが発生してしまい…切り戻しをしました。
切り戻しは正しかったのかどうか、まだ?ですが
新芽がひとつのびてきているので、復活してくれるかな~?と期待していますが
夏は暑さで弱ることがあるそうで、風通しの良い明るい日陰で育ててあげなきゃダメだそうです。

ちなみに冬には地上の部分が枯れて根の状態で冬を越します。
土が凍らなければ特に防寒する必要はありませんが、凍結する可能性のある場所では
腐葉土や敷きワラなどをしてあげる必要ありです。

a0123482_23342939.jpg植えかえ・・・鉢植えの場合は、
毎年植え替えた方が良いそうです。
植え替える適期は、3月もしくは
暑さが終わった9月中旬~10月頃。
鉢から抜いた株は長く伸びすぎた
細い根は切り、
太い根は根を傷つけないようにして
植え替えるそうです。

毎年花を咲かせる多年草ですが、
比較的寿命は短く3~4年育てていると
老化してくるそうなので
それまでに増やしておくといいそうで、
方法はタネをまきと株分けがあります。
タネは花後にできた果実から採取し、
採ってタネを取り出してすぐにまくと、
よく芽を出します。
タネまきの適期は4月~6月、9月~10月。

…で、ワタシも早速採りまきしましたよ!
a0123482_23344599.jpg
a0123482_23345718.jpg


ヘンリーヅタにも去年種が出来ていました。

a0123482_0194768.jpg

a0123482_020971.jpg

ヘンリーヅタ
ブドウ科ツタ属・落葉つる性低木

去年は、種から増やすという発想があまりなくて、どうしていいかわからなくて
採取した種をとりあえず近くの大きな鉢にこっそり埋葬?(笑)しておきました。
だから、種のことなんてすっかり忘れていたんですが、
最近その鉢からヘンリーの赤ちゃんが顔をだしてくれて、思い出しました。笑
あ…そういや種埋めたっけなぁ~。ラッキー♪
このまま順調に育ってくれたらいいのですが…。祈

a0123482_2335193.jpg


葉牡丹・・・皆様はどうされましたか?↓去年お迎えした子。

a0123482_0242346.jpg

葉牡丹 『京舞妓』
別名:ハナキャベツ
アブラナ科・アブラナ属 一年草扱い(ただし本当は多年草らしいです。)

葉牡丹は江戸時代に野菜として持ち込まれた植物で、色鮮やかな葉が幾重にも重なる姿が、
さながら牡丹の花のようであることから、この名前で流通するようになったそうでよ。
花言葉は祝福&利益…どうりでお正月に人気のわけですね!新年にぴったりです。

シーズンが過ぎるとひどく徒長して、見るも無残な姿になり早々にお別れしちゃいたい…
そんな感じでしたけど、ワタシは我慢して種を採ってみました。

a0123482_23354641.jpg
a0123482_2336838.jpg


蒔き時は真夏の7月から8月の上旬。
タネは2〜3日で発芽。小苗は様々な害虫の大好物で、一晩で全滅することも多い。
タネをまいたらオルトラン粒剤などを一緒にまいておくといいそうですが…
オルトラン持ってないな~・・・。
1,2回仮植えしたあと、花壇に25cmくらいの間隔で定植するか、6寸以上の鉢に植える。
矮化剤の使用や播種時期を遅らせることでミニハボタンに出来るそうなので
ワタシも播種時期を遅らせます…が…いつ?…調べなきゃ。

気温が下がらないと着色した葉は出現しないそうですし、
着色後も肥料の晩利きで緑色の葉が出たり、キャベツのように葉が丸まろうとしたり
気温の上昇でも緑色の葉が出たりと・・・なんだかうまく育てるのは難しそうです。
春に開花した株を花茎と共に数枚の葉を付けて切り取ることで
踊りハボタンとして育てることが出来るらしく、
花茎を切り取った後一回り大きな鉢に植え替えて育てると、
樹木のように枝が伸びて秋には踊りハボタンとなるそうです・・・来年はコレだな。

苦労して育てても・・・販売されている新品種の多くはキャベツ同様の一代交雑種であり、
種子を採っても同じものは育たない…らしいです。辛。
まぁ~実験です!気軽にやってみようと思います。


さて、種の保存はビンに入れて、冷蔵庫の野菜室に入れています←正しいのか?
皆さんはどうされているのかな?
a0123482_2336244.jpg


最後は、ウチの料理人の話。
旦那さまは実験好き?こだわって作るのがお好き?
とにかく、ワタシとしては大変ありがたいことでございます。笑

a0123482_23382396.jpg
a0123482_23383643.jpg

a0123482_23385583.jpg
a0123482_23391259.jpg


パスタを作って…ミートソースを作って…。極太麺でしたけどソースが美味しいのでいけます。
久し振りにパスタをうってくれました。もっと鍛練&研究しなきゃね~と話てるんですが
息子出来てから、こういう作業が今のところ難しい環境です。

ミートソースは翌日に、冷凍パイシートにてミートパイ?に変身。
a0123482_23392673.jpg





上の5STYLE. のバナーを1クリック
して頂けると chokotto garden に一票入ります。
(クリックすると5STYLE.のサイトに飛んでいきます。)
応援してくださると励みになります(m。_。)m オネガイシマス

[PR]
by chokotto-garden | 2009-07-15 00:57 | homemade-nae